カペッロ新監督率いるロシア、サッカー国際親善試合でコートジボワールと引き分ける

サッカー国際親善試合が8月15日、各地で行われ、新監督のカペッロ氏率いるロシアはコートジボワールと1対1で引き分けた

試合では新監督へのアピールに燃えていると思われるロシアがまず先制。55分にEUROでも活躍したジャゴエフが直接フリーキックを決め、ロシアが先制点で新監督の門出を祝った。

しかしその後コートジボワールは77分に反撃。フランス・リーグ1のサンテティエンヌでプレーするマックス・グラデルがヘディングで放ったボールは一旦はクロスバーにはじかれたものの、グラデルはそのこぼれ球をを自らねじ込み、同点に追いついた。その後は両者ともに試合終了まで得点がなく、カペッロ監督の初陣は引き分けに終わった

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ