ソチオリンピックまで500日、大国復活を印象付けられるか

2012年2月7日に開催されるソチ冬季オリンピックまで500日と迫った9月25日、オリンピックの大会組織委員会のチェルニシェンコ会長は「ホットでクール みんなの大会(HOT・COOL・YOURS)」という大会スローガンを発表した。

また、ロシア各地では競技別のピクトグラムを人文字で描くという記念イベントが開催され、市民はアルペンスキーなどの絵を作ったという。

ソチ五輪は1980年のモスクワオリンピックに次いで同国では2回目、ソ連崩壊後は初となるオリンピック。ロシアにとっては大国復活を全世界に印象付けるまたとない機会だが、ほとんどの施設を0から建設するという方針にも関わらず、2012年中に完成を目指している競技施設が経済危機の影響で遅れる可能性がある。また、テロ対策なども重要な課題となっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ