ロシア政府、ズベルバンク株を売却へ

ロシア政府は9月17日、中央銀行が保有しているズベルバンク株を売却する方針を明らかにした。売却規模は50億ドル以上になる見通しだ。

現在ズベルバンク株の過半数に当たる57.6%をロシア中央銀行が保有しているが、今回の売却ではそのうち約7.6%を放出する。ロシア中央銀行の発表によれば、売却価格は1株あたり93ルーブル(3.04ドル)であるという。売却後のロシア中銀の保有率は、50%+1株になる。

ズベルバンクはモスクワ、ロンドン、ニューヨークで投資家説明会を開催。ロンドンで説明会に参加した投資家からは「良い案件のようだ」という意見も聞かれたとのこと。

今回の売却には、国庫を潤すとともに、棚上げ状態が続いていた民営化を推し進めたいプーチン大統領の意向も入っているとされると推測される。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ