三菱重工と双日、ロシア・バシコルトスタン共和国向けのアクリル酸プラント受注

三菱重工業株式会社双日株式会社は、ロシア連邦のルネッサンスコンストラクション社と共同で、同連邦バシコルトスタン共和国のGNS社から、「アクリル酸プラント建設プロジェクト」を受注した。同共和国で初のEPC契約であり、アクリルさん製造能力は8万t/年を予定している。運転開始は2015年末。

このアクリル酸プラントは、同国の首都ウファの南方約150kmに位置する都市、サラバト近郊に建設される予定で、石油から作られるプロピレンを原料に、精製アクリル酸を3万5000t/年、アクリル酸とブタノールの化合物であるブチルアクリレートを8万t/年製造する能力を持つ。

GNS社はロシアガスプロムグループの子会社。近年は設備の近代化と大型エチレンプラントの導入により設備の効率化を図っており、今回のプロジェクトによって同社の石油化学製造能力は大幅に上昇することになる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ