国営石油最大手のロスネフチ、ロシア石油三位のTNK-BP買収へ

10月22日ロシアの国営石油最大手、ロスネフチは同国三位のTNK―BP買収を巡って、同社の株主である英BP及び投資家集団AARから株式を5割ずつ取得することで合意したと発表した。買収額は合計550億ドル(4兆4000億円)。

ロイター通信によれば、プーチン大統領は同日に買収を賞賛したという。ロスネフチは今回の買収により、ロシアの石油生産の4割を占めることになる。外資の参入には、ロスネフチとの関係強化が不可欠となってくる。

BPはAARとの合弁を解消し、ロスネフチとの関係強化を目指す。同社は買収の対価として現金・ロスネフチの株式を受け取る他、現金の一部でロシア政府からロスネフチ株を買い取る。

TNK-BPは石油と天然ガスの生産量が200万バーレル/day。今回の買収により、ロスネフチの生産量は450万バーレル/dayとなる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ