外務省、「第10回日露戦略対話」の概要について発表

2012年6月15日、外務省は同日10:00~13:00に飯倉公館において行われた「第10回日露戦略対話」について発表を行った。

「第10回日露戦略対話」の出席者は日本側からは、佐々江賢一郎事務次官、小寺次郎欧州局長他。ロシア側からは、デニソフ,アンドレイ・イワノヴィッチ第一外務次官、アファナシエフ,エヴゲーニー・ウラジーミロヴィチ駐日ロシア大使他が出席した。

今回の戦略対話においては、朝鮮半島をはじめとするアジア・太平洋地域の情勢の変化、シリア情勢、イランの核問題などが議題として取り上げられた。日露両国は、これらの戦略的重要性に関し共通認識を確認し、各分野の協力をどのように行っていくかについて話し合いが行われた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ