外務省、玄葉外務大臣とナルィシュキン・ロシア国家院(下院)会談を発表

2012年6月11日、外務省は玄葉光一郎外務大臣とナルィシュキン・セルゲイ・エフゲニエヴィチ・ロシア国家院(下院)議長が会談を行ったことを発表した。

ナルィシュキン議長は、横路孝弘衆議院議長の招待の下来日。今回の会談の概要は以下のようになっている。

玄葉外相は、同議長に対しロシア文化フェスティバル等の関係で以前より来日を繰り返していることに、感謝の意を表した。両者は、両国の文化交流、議員交流が日露関係の協力強化において重要な意味を持つという認識を同じくしている。

ナルィシュキン議長はシベリア・極東の開発プロジェクトに日本企業の参加を期待している旨を発言。玄葉外相は、ロシア側の一層の投資環境の改善について努力を求めた。また、玄葉外相が日露間の領土問題に触れると、同議長は、あらゆる分野の協力関係の構築が問題解決に向けた空気を醸成するとした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ