外務省、玄葉外務大臣へのヴェクセリベルク「スコルコヴォ」基金総裁の表敬訪問を発表

2012年4月27日、外務省は玄葉外務大臣へ来日中のロシアの「スコルコヴォ」基金ヴィクトル・ヴェクセリベルク総裁が表敬訪問したことを発表した。

同総裁の表敬訪問は同日16:45から20分間。その概要は以下のように発表されている。

玄葉外相はロシアとの関係を重視していることを述べた。太平洋地域の情勢が大きく変化する中で、日露関係は非常に重要な二国間関係になってきており、あらゆる分野で協力を進めていきたいとの意向を示した。

ヴェクセリベルク総裁は、ロシア政府の近代化、イノベーション発展に大きな注意を払っているとし、日本企業にロシア版シリコンバレーを作るというプロジェクトであるスコルコヴォ・プロジェクトへの参加を期待している旨を表明した。

これに対し、玄葉外相はロシアの一層の近代化と法治制度の整備、汚職対策などへの状況改善を期待しているとの意見を述べた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ