外務省、野田首相とロシア・プーチン大統領との電話会談の概要を発表

2012年5月11日、外務省は野田総理とプーチン・ロシア大統領との間で行われた電話会談の概要について発表した。

11日、ロシア側の提案により野田佳彦内閣総理大臣とウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン・ロシア大統領は10分間の電話会談を行った。その概要は以下の通りとなっている。

プーチン大統領は新政府組閣のため5月21日開催のG8に不参加となることについて説明があった。両者は6月に実施されるG20サミットで会談の機会を持つことで意見の一致を見た。またアジア太平洋地域の情勢変化により、日露関係を発展、強化させることが両国にとっての共通の利益になるとの認識を確認。今後は、両国間の問題、課題についての話し合いを行っていく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ