外務省、G20首脳会議出席の野田首相がロシア・プーチン大統領と日露首脳会談実施を発表

2012年6月19日、外務省はG20首脳会議出席のためメキシコのロス・カボス訪問中の野田首相がロシア・プーチン大統領と日露首脳会談を行ったことを発表した。

同省により発表された会談の内容は、「日露関係一般」、「領土問題」、「経済」、「人的・文化交流」に関するものである。日露関係一般では太平洋地域の戦略環境が大きな変化を迎えているという共通認識の下、安全保障、防衛分野に関する協力を進めていく重要性を確認した。

領土問題に関しては、交渉を再活性化することで合意。今年の夏に玄葉大臣をモスクワに派遣する方針を確認した。経済関係については、エネルギーを初めとする経済分野のおける両国の協力を確認した。人的・文化交流は、国民、議員レベルでの交流の活性化が必要であるとする認識で一致した。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ