米人気歌手マドンナ ”反プーチン”ゲリラ演奏を行ったバンドの釈放を訴える

反プーチンのゲリラパフォーマンスを行って起訴された、人気女性バンド「プッシー・ライオット(子猫の暴動)」メンバーへの刑事責任の追及は不公正だとして、アメリカの人気歌手、マドンナさんは当局に対し彼女らの釈放を求めた

英国歌手のスティングさんやアメリカのロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」らも支援表明しており、世界的に支援の輪が広がっている

プッシー・ライオットのメンバー3人は、2012年2月にモスクワの寺院内でプーチン大統領を批判する歌のゲリラ演奏を行い、フーリガン行為で起訴された。正教会や保守派は厳罰を求める一方で、作家のアクーニン氏らは刑事罰に反対する声明を出しており、国内を2部する議論となっている。判決は近く言い渡される見通し。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ