ロシアで出生率が向上、アメリカ抜く

米疾病管理予防センターの情報によれば、2012年のロシアの出生率が、久々に米国を上回ったという。

フォーブス誌はその昔、アメリカでの出生率はロシアのそれと比べて75%も高かったと指摘。その両国の出生率が逆転したことは、驚きに値することであると強調した。

ロシアでは経済危機に陥っていた2008年から出生率が約10%上昇。一方、アメリカでは9%減少した。ロシアは他の国と比べて経済危機を早めに脱出でき、余裕のある家庭が多かったことや、ロシアの失業率の低さ、平均給与の高さなどが影響しているという。

しかし、同センターの情報に寄れば、今は高いロシアの出生率は、いずれ低下するものと見られるという。ロシアが政治的に混迷を極め、子供を産むどころではなかった1990年代に生まれた世代が出産の主役となるためだ。そのため、今後ロシアの出生率は低下するというのが一般的な見方だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ