ロシア大統領、天皇誕生日に祝電

ロシアのプーチン大統領は、天皇誕生日を迎えられた天皇陛下に対して、祝電を送った。ロシアのインタファクス通信が報じた。

天皇陛下は、2013年12月23日の天皇誕生日を以て、80歳の誕生日を迎えられた。

プーチン大統領は、祝電の中で日露両国関係を肯定的かつ建設的に築いていくための努力を喜びとともに感じていると述べ、近年は比較的良好な関係が維持されつつある日露関係について振り返った。また、日露関係をより進展させることは、両国国民にとって利益となるばかりでなく、アジア太平洋地域の安定にも寄与すると述べた。

プーチン大統領は、かねてから各国の首脳や元首などに対して誕生日などの機会に祝電を打っている。今回、その内容を公表したのには、日露関係の改善・構築に前向きに取り組んでいるということを、内外に向けてアピールする狙いがあるとみられている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ