ラヴロフ・ロシア連邦外務大臣ら、安倍首相を表敬へ

来日中のラヴロフ・ロシア連邦外務大臣及びショイグ・ロシア連邦国防大臣が、安倍晋三内閣総理大臣を表敬した。岸田文雄外務大臣及び小野寺五典防衛大臣らが同席。

安倍晋三内閣総理大臣は、ラヴロフ・ロシア連邦外務大臣らに対し「4月の際にプーチン大統領と合意した『2+2』が初めて開催されたことは、非常に喜ばしいことであり、日露の関係をより良くするものだ」と述べた。海賊対策共同訓練などの具体的な成果が出たことについても評価し、「さらに協力を発展させていきたい」と述べた。

日露の協力が進展する中、安倍晋三内閣総理大臣は平和条約交渉を進展させたいとの意向を示した。また、ショイグ・ロシア連邦国防大臣に対し、東日本大震災の際に非常事態相(当時)としての支援をして頂いたことに感謝の意を示した。これに対しラヴロフ・ロシア連邦外務大臣は、「『2+2』は非常に有益なものであった」と応えた。ショイグ・ロシア連邦国防大臣は「今後の継続が重要だ」と述べた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ