CSKA本田、今冬の移籍厳しいか 監督が残留を名言

ビッグクラブへの移籍を希望するなど、さらなるステップアップを目指している日本代表MFの本田圭祐選手。しかし、今冬にチームを鞍替えするのは、どうやら厳しそうだ。

CSKAのレオニド・ススルツキ監督は1月30日、合宿先のスペイン・カンポアモールで「本田はココでプレーする」と明言。移籍市場が閉鎖する31日を目前にビッグオファーが来ていないと打ち明け、今冬中の移籍を否定した。
一方で「この夏のサインはありうる」とも発言し、夏以降に移籍する可能性については可能性を否定しておらず、将来的に移籍する可能性についてはかなり含みを持たせた。

本田選手についてはセリエAのインテル、ミラン、プレミア・リーグのリバプールなどが強豪チームがその動向を追っていると報じられており、同選手にとっては夏の移籍市場を迎えるまでの半年が勝負の時期となりそうだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ