ロシアでグリーンピース活動家が拘束、プーチン大統領が厳正な処罰すると名言

国際環境保護団体グリーンピースの活動家約30人が建設途中の海上石油掘削基地に侵入した事件について、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、「彼らは法を破った」と明言し、ロシア国内の法律に従い、厳正な処罰を行う考えを示した。

欧米メディアによれば、今回グリーンピースが侵入した海上石油掘削基地は、ロシア国営大手企業「ガスプロム」が建設しているもの。近くにホッキョクグマやセイウチなどの希少な動物がすむ自然保護区があるため、グリーンピースは抗議活動を開始。ロシア沿岸警備隊の制止を振り切って、過激な抗議活動を行った。ロシアはこの行為を確認してから、活動家30人を拘束した。

拘束された30人のうち、22名は11月24日までの拘留期間延長が決定しており、当局は海賊行為の適用も視野に捜査祖進展させている。プーチン大統領はメンバーは海賊ではないが国際法を犯したと指摘しており、海賊行為には最大で15年の禁固刑が適用される。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ