CSKA本田圭祐選手、12月10日に退団か

CSKAモスクワのスルツキ監督は、CSKAモスクワ・マンチェスターC戦前の記者会見において、去就が注目されている日本代表のミッドフィルダー、本田圭佑選手が今年限りで退団する可能性があることについて示唆した。ロシアのメディア「スポーツ・エクスプレス」が伝えた。

本田は2010年にCSKAモスクワと契約を結んだ。その後はビッグクラブへの移籍を画策し、ACミランとも交渉するなどしていたが、この話は破談に終わっている。しかし、本田はビッグクラブ入りをいまだに諦めておらず、退団はすでに既定路線となっていた。

スルツキ監督は会見の中で「年明け以降も彼がモスクワに残る可能性は少なく、契約通り12月10日に終了する。その後はどこのクラブに行くのも自由だ」と話しており、本田選手の対談は確定的なようだ。これからの去就にますます注目が集まる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ