安倍総理が日ロ首脳会談で意見交換を表明

安倍総理大臣は、ソチオリンピックの開催に出席するのに合わせて、ロシアのプーチン大統領と2月8日に首脳会談を行って、北方領土問題の解決および平和条約の締結前進のため、意見交換をしたいと発言した。

安倍総理大臣は2月8日にプーチン大統領と首脳会談を行う予定で、大統領との個人的な関係をより深めるとともに、平和条約の前進と日ロ関係の進展のための意見交換を行いたいと発言した。また、2月7日から2月9日までソチオリンピックの開会式に出席して、日本選手団を激励したい考えも明かした。

これらの発言について公明党山口代表は、会談では経済や安全保障、エネルギー分野などの幅広い問題で話し合い、日露関係をさらに強化するとともに、念願だった日ロ平和条約の締結のために歩み寄りを進めてほしいと発言した。また、安倍総理大臣は、都知事選について自公で協力して全力で取り組むと述べた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ