伊藤忠商事など、ロシア・ウラジオストクでのLNGプロジェクトで覚書締結

伊藤忠商事株式会社、石油資源開発株式会社、丸紅株式会社、国際石油開発帝石株式会社、伊藤忠石油開発株式会社の5社が共同で出資する極東ロシアガス事業調査株式会社が、ロシアの国営ガス企業、ガスプロムとロシア・ウラジオストクにおけるLNGプロジェクトに関するMemorandum of Understanding(MOU)に調印した。

極東ガスは2011年から2012年にかけて、ガスプロムウラジオストク市の天然ガス利用プロジェクト共同化調査を実施。この結果を元に、極東ガスとガスプロムは協議を実施。このたび並行して日本での共同マーケティング活動を実施することで合意した。

当該プロジェクトが実現すれば、日本はもとよりアジア諸国でのLNGの安定供給が可能になるという。早くプロジェクトが実現して、安定した供給を実現して欲しいものだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ