NEC、ロシア大手携帯電話事業者に光波長分割多重伝送装置納入へ

NECが、ロシアの大手携帯電話事業者「MegaFon」に、都市内ネットワークで利用できる光波長分割多重伝送(WDM)装置を納入した。

今回納入されたWDM装置は、LTEの通信データを光ネットワークに集約して、都市内でも高速、大容量にデータを送受信するための装置。MegaFonのネットワークの伝送容量を強化するものであり、また企業の通信コストを最適化する。

MegaFonは現在、ロシアの8つの地域でLTEサービスを提供している。本システムは8つの地域のうち6つの地域に納入済みで、残りの2地域に関しても今後納入する予定だという。

NECは、今後も通信システム分野のリーディングカンパニーとして、技術開発及び製品販売を積極的に拡大し、通信事業者を中心としたグローバル顧客にネットワークシステム、サービスを提供していく方針だという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ