三菱自動車、ロシアの工場で中型SUV「パジェロスポーツ」を生産へ

三菱自動車が、ロシアの工場で中型SUVパジェロスポーツ」の生産を開始したと発表した。

同社は安定的にSUVの需要が伸びて行く事が期待されるロシア市場において、2010年4月よりPCMA RusでのSKD生産を開始。2012年11月からは新型SUV「アウトランダー」の生産を開始するなど、ロシア市場の開拓を進めている。

今回の「パジェロスポーツ」は、2008年にロシア市場に投入された。オフローダーとしての走破性や堅牢ボディなどに加え、乗用車としての乗り心地も高く評価された。ロシアでの累計販売台数は2万4000台程度で、今後は現地生産に移すことにより、更なる商品強化を図る。

三菱自動車は2012年12月に、ロシアにおける現地販売代理店の発行済株式総数の9%を取得。競争の激化したロシア市場で更なる成長を図り、重要市場であるロシア市場の開拓を図っていく方針だという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ