日本通運ロシア法人、ロシアに新営業所を設立へ

2013年12月19日、日本通運の子会社でありロシア現地法人のロシア日通は、ロシアのウリヤノフスク市「ロシア日通合弁会社ウリヤノフスク営業所」を開設した。

ウリヤノフスク市は、ロシアの首都モスクワから南東約900㎞の位置にある人口約63万6000人の都市。レーニンの出生地であり、現在は、自動車工場や兵器工場、航空会社などが立ち並ぶ国内有数の工業都市として栄えている。日系自動車部品メーカーも在籍しており、タイヤメーカーなどの進出もめざましい。

今回、ロシア日通は、ロシア国内での自動車産業への取り組みを加速させるために現地法人を置くことを決定した。営業所には物流業務に関する経験が豊富なロシア人スタッフ2名を置き、現地における輸出入通関業務をサポートする。

ロシアは世界の中でも特に潜在的な需要が大きい国として、日米欧のメーカーが注目している。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ