ロシア大使、サリン使用は反政府勢力と報告

シリアの内戦をめぐり、アサド政権化学兵器を使用しているとの批判が高まる中、ロシアは反政府勢力がサリンを使用している可能性が高いという報告書を国連に提出した。欧米の見方とは真逆であり、対立が深まることが懸念されている。

シリアではアサド政権側の政府軍が反政府勢力に対してサリンを使っているなどとして、イギリスやフランス、アメリカなどが批判を強めていた。ロシアはこうした中で、化学兵器の使用を独自に調査。サリンは反政府軍が使用した可能性が高いと結論付けた。ロシアはシリア入りを目指す国連調査団にも分析結果を提供するという。

シリア情勢をめぐっては、アメリカとロシアが、アサド政権側と反政府側の代表がそれぞれ出席する国際会議の開催を目指しているが、今回米露の立場が明確に違うとなったことにより、国際会議が開催できるかは不透明となった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ