セレーナ・ゴメスのロシアコンサートが中止に

スターズ・ダンス」のツアーで世界各国を回っているセレーナ・ゴメスの、ロシアコンサートが休止になった。

コンサート中止の原因は、セレーナに入国ビザが下りなかったためだという。ビザが下りなかった原因はロシアで最近成立した「同性愛宣伝禁止法」が原因だという。マドンナやレディーガガといったアーティストと違い、セリーナ自身は特に同性愛について肯定的な発言をしている人物ではないが、ロシア政府からすれば西側諸国の人間は何を発言するかわからないので、その人物の性格にかかわらずなるべくロシアに入れたくないという思いがあるのだろう。

これで被害をこうむるのは、結局はアメリカンポップファンのロシア人たちである。同性愛の是非についてはいろいろな意見があり、必ずしも賛成できるものではないだろうが、ロシア政府はもう少し広い心を持ってみてもいいのではないだろうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ