スノーデン氏、ロシアの大手ウェブサイトメンテナンス企業に就職

米国家安全保障局NSA)の情報収集活動を暴露し、その後ロシアに亡命していたスノーデン氏が、ロシアの大手ウェブサイトメンテナンス企業に就職することが明らかになった。スノーデン氏の弁護士が明らかにした。

スノーデン氏は、アメリカ政府のIT業務委託先に勤めていたが、NSAが電話やネットで行っていた監視活動について情報を暴露した。その後アメリカでの訴追を見越して香港、モスクワへと流れ着き、現在はロシアへの1年間の亡命が認められた

弁護士はまた、スノーデン氏がどこで働くのか、在宅勤務なのかあるいは職場に通うのかなど、詳細の情報については、スノーデン氏の安全を確保するために公表できないとした。同氏はこれとは別に、スノーデン氏は技術支援要員として働くと述べている。

スノーデン氏は現在ロシアに住み、就職して、旅行をすることが認められている。5年間居住すれば、市民権も得られるようになるという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ