ホロシャービン・サハリン州知事、松山外務副大臣を表敬訪問

来日中のアレクサンドル・ヴァディモヴィチ・ホロシャービン・ロシア連邦サハリン州知事が、2013年4月25日の午前9時半から約30分間、外務省の松山外務副大臣を表敬訪問した。

松山外務副大臣は冒頭で、歓迎の言葉を伝えるとともに、4月末の安倍総理の公式訪問を日露関係のさらなる発展のために生かしたいと述べ、両国がパートナーとしてより理想的な関係を築くことが重要だと述べた。

ホロシャービン知事は、サハリン経済・投資ポテンシャル・ビジネスフォーラム開催のために来日したが、安倍総理の訪露直前となったことはいいタイミングだったと述べ、日露首脳会談は経済関係の面でも重要であり、両者の関係強化は重要であると述べた。

これに対し松山副大臣は、エネルギーやそれ以外の分野でも、日本とサハリン州はよりいっそうの協力を進めていくべきで、政府も企業支援などを行うと述べた。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ