テルモ、ロシアに現地法人を設立へ

医療機器のテルモ株式会社が、ロシアでの事業拡大のため、販売現地法人のテルモロシア社を設置し、4月1日より営業開始すると発表した。

テルモロシア社はテルモヨーロッパが100%出資する医療機器の輸入販売メーカー。資本金は3000万ルーブル。

これまで同社は、ロシアではテルモヨーロッパ社から営業を行っていたほか、2006年からはモスクワに駐在員事務所を設置し、積極的な情報収集活動に務めてきた。ロシアは現在、国家戦略の一つとして医療改革を進めており、それに伴ってロシアの医療機器市場は2011年には約60億ドルであったのが、5年後の2016年には122億円にまで増大する見通しだ。
特にロシアでは循環器疾患が多いことから、カテーテル治療や心臓外科手術に対する需要が高まるものと見られる

同社は主力製品のカテーテル商品・人口肺関連商品などを中心に、2016年度までに売り上げ50億円を目指すという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ