JT、ロシアたばこ物流会社に出資

日本たばこ産業グループ(JT)は、ロシア国内で物流事業を担うCJSC TK Megapolis社(Megapolis社)の持ち株会社であるMegapolis Distribution B.V.社の株式の20%を取得することで合意した。ロシアの物流会社に出資することにより、ロシア進出の足掛かりをつくる。

Megapolis社は、ロシアの紙巻たばこ流通の7割を担っているロシアの代表的なたばこ物流会社。2012年には、2600億本のたばこを15万か所以上の販売店に配送した実績を持つ。

同社は2007年からMegapolis社と協力関係を築いており、今回の出資によって両者の関係はさらに強いものになるという。Megapolis社は、JTグループの出資を元に物流機能を強化して、さらなる利益強化を図る。

また、Megapolis Distribution B.V.社への20%の出資の対価として750百万米ドル(約750億円)を支払う。本出資が、JTグループの当期連結業績に与える影響は軽微なものだという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ