オリンピック金メダルのバレーロシア、初戦つまずく

バレーボールワールドグランドチャンピオンズカップ男子大会が2013年11月19日に京都府立体育館で開幕した。ロンドンオリンピックで金メダルを取ったロシアは同大会3位のイタリアに1-3で敗れて黒星発進。同大会2位のブラジルはイランに3-1で勝利し、順調な滑り出しを見せた。

オリンピック王者のロシアは若手メンバーを中心にそろえてきたイタリアに第一セット、第二セットを連続して落とす。後がなくなった第三セットをものにして、ここから息を吹き返すかと思われたが、第四セットは再び競り合いに押させるようにポイントを奪われていった。サーブミスが全体的に目立ち、また得意のブロック戦法も不発だった。

同大会は4年に1度開催される大会で、今回は日本、ロシア、ブラジル、イタリア、アメリカ、イランの6か国が戦う。日本は世界ランキング17位で、同大会参加国の中では最も順位が低く、苦戦が予想される。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ