横川電機、ロシアヤマルLNGプロジェクト向け制御システム・安全計装システムを受注

横河電機株式会社の子会社であるヨコガワ・ヨーロッパ・ソリューションズ B.V.は、テクニップ・フランス日揮株式会社のジョイントベンチャーであるヤムガズ(Yamgaz)より、JSCヤマルLNGがロシアで進めるLNGプロジェクトで使用する制御システムおよび安全計装システムを受注したと発表。

ヤマルLNGプロジェクトは、ロシアで最も大規模な資源開発プロジェクト。ロシアのガス大手のノバテクとフランスのトタルの合弁会社であるJSCヤマルLNGの進めるプロジェクトであり、合計で1650万t/年の生産能力を持つLNG製造設備をロシア北西部のヤマル半島東岸に建設する。

現在、ロシアには世界最大の天然ガスが埋蔵していると言われており、LNG関連プラントの建設も多数検討されている。特にヤマル半島には未開発のガス田が多く、今後さらなるLNGの増産が見込まれているという。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ